べこが海藻食べている@日須賀

 

上の動画の中央少し下をご覧ください。アメフラシが一生懸命海藻を食べています。 
隠岐ではアメフラシのことを「べこ」と呼びます。 
そう言えば、牛がのんびりと草を食べている姿に似ていますね。

海士ではアメフラシのことをベコと呼ぶ

 

しかし、考えてみたら、「べこ」とは東北地方の方言のはず。 
てことは、牛とは関係がない? 
いやいや、このルックスからはどう見ても牛をイメージして名付けられたとしか考えられないでしょう。 
ではなぜ東北地方から遠く離れたこの隠岐でも「べこ」と呼ばれているのでしょうか? 
  
隠岐はその昔、「北前船」の重要な中継地として栄え、全国からいろんな物資や文化が伝わって来ました。 
隠岐民謡は、北前船によって東北地方から伝わった民謡が、隠岐で独自の発展を遂げた、とかって話を聞いたことがあります。 
なので、「べこ」という方言も北前船が運んで来たのかなぁ、とか思うわけですけど..何も調べた訳じゃないですよ、単なる想像です。 
歴史については迂闊に適当なことを言うとすごい怒る人がいますからね。 
  
さて、このべこ。最近全国的にも知られるようになってきたみたいですが、隠岐では食べるんです。 
「げ〜っ!」とか言ってゲテモノ扱いしないでくださいね。 
元々貝の仲間ですし、食べても全然不思議じゃないし、見た目だってナマコが食べられてアメフラシが食べられないわけないですし。 
問題は味ですね。美味しいのかどうか。 
まぁ人それぞれ感想は違うでしょうが、特に味は無い..ように思うんですけど。 
  
アメフラシにも食べる旬があって..(アメフラシっていうとなんか食欲が湧きませんね) 
「べこ」の旬は山椒の新芽が出たころ。 
旬と言っても美味しい時期というより、海辺にたくさん現れる時期というべきかもしれません。 
海士町では山椒と味噌や酢味噌で和えて食べるのが定番で、ちょうど山椒の新芽の時期と重なり、新緑の季節を感じる味覚となっています。 
(写真「べこの山椒味噌和え」:海士町ホームページより)

べこの山椒味噌和え

 

味は無いといいましたが、美味しいんですよ。 
ただ、「べこ」の味というより和えた山椒と味噌の味といいましょうか、「べこ」の食感と相まって何ともいえない美味しさです。 
「べこ」の食感は、やはり貝の仲間だけあって、「赤貝」とか「つぶ貝」に近いような感じですが、あまりコリコリしていません。 
  
もうすぐ山椒の新芽が出る季節です。 
「べこ」を食べるのが楽しみな今日このごろです。